埼玉県議会議員 沢田力(さわだつとむ)公式サイト

さいたま市大宮区 選出・自由民主党県議団 所属

基本姿勢

大宮で生まれ育ち、早稲田で学び、三菱で世界へ。

米国や中国などの若者は、みな目が輝いていた。

でも日本の若者はどうか、日本の未来は明るいか?

そう自分に問い、迷わず30歳で脱サラした。

駐在先の上海から帰国して、大宮で地方議員となった。

 

1990年代以降、若い世代の政治家は増えてきたが、

若い世代の有権者は納税しても投票へ行かない傾向にある。

身近な地方自治でさえ、距離を感じ、関心が薄い。

まずは市政から、次に県政、そして国政へと、

着実に丁寧に政治の信頼を回復せねばならない、

と私は思う。

 

だから、「無理だ」「無駄だ」と簡単にあきらめない。

ひとり一人の声を大切に、力を出し合い、

イノベーションを起こし、不可能を可能にする。

そんなワクワクする政治を、私は目指して来た。

 

市議3期を通じ、4市合併・政令市移行に参画。

鉄道博物館の誘致、電気自動車の普及、

アスベスト対策、市立中高一貫校などを実現した。

 

また県議として、広域行政をゼロから見直してきた。

防犯カメラの公設化、ドクターヘリの広域連携、

大学病院誘致、危険ドラッグ規制条例などを実現。

 

そして、ボランティア活動にも取り組んで来た。

北朝鮮拉致被害者問題、東北被災地の復興支援など。

 

若者の目が輝き、明るい未来を築くため。

なにより全国各地の都市の自立と成長が不可欠だ。

そして子どもたちを育み、弱者を気づかい、

対話を重ね、理解と協力が生まれる人間関係を

築かねばならない。

 

そのために私は全力を尽くします。

応援よろしくお願いいたします。

 

最後に、私が常に心掛けている言葉をご紹介します。

 

■宇沢弘文先生の言葉

「豊かさとはなにか?すべての人が人間らしい生き方ができることである」

利潤、効率、経済成長、権利などを重視し過ぎた。

家族、農業、歴史、環境などを軽視し過ぎて、心が乱れていないだろうか?

 

■福澤諭吉先生の言葉

「東洋にないものは、有形においては数理学(物理学)と、

無形においては独立心と、この二点である」

技術、情報、国内総生産(GDP)などが増加した。

親子の愛着、愛情、コミュニティ、領土、資源、安全が危機に瀕していないか?

 

■坪内逍遥先生の言葉

「知識を与うるよりも、感銘を与えよ。感銘せしむるよりも、実践せしめよ」

流行、パフォーマンス、プロパガンダ、嘘、噂、讒言、マーケティングなどに翻弄されていないか?

事務所

〒330-0854
さいたま市大宮区桜木町1-12-2

TEL 048-648-9195

FAX 048-648-6486

Eメール e-sawada@jcom.home.ne.jp